漫画「ミウラさんの友達」(益田ミリ)あらすじと感想

当ページのリンクには広告が含まれています。

益田ミリさんの作品が大好き!
豆大福です

益田ミリさんの作品、沢山ありますよね。

その中から、
豆大福が最近読んで面白かった作品を
ご紹介します!

目次

あらすじ

ミウラさんは、ある不動産屋で
引っ越しの物件を決めます。

その不動産屋ではアートの委託販売をしており、
その中に女性型ロボットも売られていました。

費用は100万円。
悩んだ末、ミウラさんは
そのロボットを購入します。

話せる言葉は5つだけ。
作者が決めた4つの言葉プラス1つの言葉は
購入者が決められます。

会社から帰った後、朝、モヤモヤした時…
ミウラさんはロボット「トモダチ」に
色々と話していきます。

話していくうちに、心がすっとしたり、
考えが進んだり…「トモダチ」に
愛着が湧いてくるのでした。

そしてミウラさんにも恋の予感が…!?

益田ミリさん、漫画デビュー20周年記念作品です。

(2022年3月17日単行本が発売)

豆大福の感想

最初は、帰ってきたらロボットがいるって
怖いなと思いました(;^_^A

でも、読み終わったら
「自分の家にもいてほしいな」って
思っている自分がいました。

5つの言葉は「うん」「そうなの?」「大丈夫」
そして、なかなか出てこない4つ目の言葉。

5つ目はミウラさんが途中で決めます。

まず、自分の話にずっと相槌を打ってくれるって
いいな~と思いました。

話を遮るでもなく、ずっと「うん」「そうなの?」
と言ってくれるって何かいいな(笑)

(ロボットは、相手の表情などを読み取って、
返事を使い分けます。
こんなロボットいたら凄い!)

話しているうちに、感情も収まりそうだし、
考えもまとまりそうです。

夜帰ってきたときだけ、
ぎょっとしそうだけど(;^_^A

読み進めていくうちに、
段々そのロボットの秘密が分かっていきます。

ロボットの作者とミウラさんが
実は繋がりがあったりしますが、
本人同士は気が付かない。

そういったところも、とっても面白かったです。

ミウラさんの恋も応援したくなりました。

人間関係に悩んでいたり、
モヤモヤした時に読むと心が軽くなる1冊です。

心に残った言葉

ミウラさんは、仲良くしていた友人と
あることがきっかけで疎遠になります。

そして思った言葉がこれです。

「子供の頃から思ってた 
たったひとり 味方になってくれる友達がいれば 
それでいい」

子供の頃、それに気づいていたミウラさんは
すごいと思います。

豆大福は、子供の頃は友人は多ければ多いほど
良いと思っていたので…

でも、量より質ですよね(;^_^A 

たったひとり味方になってくれる人がいれば
それでいいと、今は豆大福も思います。

その後、ミウラさんと母親が話していた際、
母親が友人について

「会えない時は会えない また会える時は会える 
そんな感じじゃないの? 
友達って無理して会うものではないし」

いや~確かにその通りお母さん!

仕事が忙しかったり、
環境や考えが変わったりして、会えなかったり、
会ってもイマイチ盛り上がらなかったり。

そんな時は、無理して会う必要はないですよね。
トモダチについて、
なかなか深く考えさせられました。

まとめ

「ミウラさんの友達」手軽に読めますが、
友達に関して深く考える作品でした。

友達関係にモヤモヤしている方など、
オススメしたい本です。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次