2024年 千葉市美術館「板倉鼎 須美子展」&きぼーるのカフェへ

当ページのリンクには広告が含まれています。

美術館巡りが大好き!
豆大福です

今回は、千葉市美術館で開催中の
「板倉鼎 須美子展」へ行ってきました!

とても見ごたえのある素敵な展覧会でしたよ♪

目次

千葉市美術館とは

千葉市美術館は千葉県の千葉市中央区にある
1995年開館の美術館です。

開館後は中央区役所も入った複合施設でしたが、
区役所は2019年近くの「きぼーる」という施設に移転。

美術館へ用途変更をする拡張工事後
2020年にリニューアルオープンしました。

ホールやレストランやカフェも
併設した立派な建物です。

因みに美術館では、西武・そごうで使えるカード「ミレニアムカード」を
受付で提示すると観覧料金が
20%割引になります!

(他のサービスや優待と併用はできません)

20%割引はお得感がありますね。
カードをお持ちの方はぜひご利用ください♪

「板倉鼎 須美子展」

2024年4月22日(月)
「板倉鼎 須美子展」へ行ってきました!

会期は2024年4月6日(土)~
6月16日(日)までです。

板倉鼎と須美子について

板倉鼎と須美子は夫婦です。

板倉鼎は、幼い頃より松戸市に過ごします。

東京美術学校西洋画科に進み、
在学中に帝展の入選も果たしています。

須美子は、
ロシア文学者の昇曙夢の長女として生まれます。

そして与謝野鉄幹・晶子夫妻の媒酌によって
2人は結婚します。

結婚翌年、夫婦はハワイ経由でパリに留学。

須美子は鼎に教えられ、
油彩画を手がけていきます。

夫婦はパリで開催される展覧会、
サロン・ドートンヌに共に初入選。

鼎は以降も精力的に描き続けますが、
1929年28歳の若さで亡くなってしまいます。

夫婦には2人の子どもがいましたが、
子どもも相次いで亡くなります。

そして須美子も25歳という若さで
肺結核で亡くなってしまうのでした。

早世の画家夫婦が遺した数々の絵画を
展示した展覧会となっています。

一部絵画のご紹介

館内は一部の絵について撮影がOKでした。

今回は撮影OKであった絵を一部、
ブログに載せたいと思います。

まずは、板倉鼎の共に1927年に
制作された絵を2枚ご紹介。

穏やかなタッチでホッとできる絵です
(豆大福は絵に詳しくないんです (;^_^A
コメントもこれくらいで 笑)

お次は、妻の須美子の作品。

ポップで可愛らしい印象の作品でした!

豆大福の近くで鑑賞されていたご婦人方も
「この絵可愛い♡」と写真をとって
いらっしゃいました。

その他の企画展

「板倉鼎 須美子展」のチケットで、
その他の企画展や常設展も入場できます。

併せて行われている展覧会

千葉から世界へ羽ばたいた
石井光楓の作品を展示していました。

常設の展示も見ることができて、
ボリューム満点の絵画鑑賞でした!

(所要時間は1時間10分くらいでしょうか。
途中足が疲れてきました(;^_^A 
見ごたえ抜群です~)

鑑賞後のカフェ時間

集中して鑑賞したので、足が疲れてしまいました。
どこかで休みたい~

美術館の併設カフェは、やっていなかったので
(月曜日は定休日らしい)他のカフェへ!

何度か行っていて、
雰囲気の良い「cafe and…」で休憩。

こちらは京成千葉中央駅より
徒歩5分の場所にある
「きぼーる」1Fに入っているカフェ。

とっても落ち着くカフェなので、
リピートして利用しています!

美味しいスイーツもあり!
黒糖コーヒーミルクとチーズケーキ♡
落ち着く店内

平日が8時~17時まで、
土日祝日が9時~18時までと
比較的早く閉店されるので、
ご利用はお早めに…

美術館後にオススメのカフェでした!

まとめ

  • 千葉市美術館 
    4/6(土)~6/16(日)まで
    「板倉鼎 須美子展」開催中
  • 板倉鼎と須美子は
    夫婦で早世した画家。
  • パリで学び、
    夫婦共パリの絵画展で入選を果たした。
  • 「板倉鼎 須美子展」の他に
    企画展、常設展あり。
    所要時間は1時間を超えた
  • 併設のカフェは月曜休み
  • きぼーるの「cafe and…」が
    オススメのカフェ

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次